読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受注ロボ 開発者ブログ (多モール対応注文取込ソフト)

楽天/Amazon/YAHOO/DeNAの注文管理ソフト「受注ロボ」開発者のブログです。

備忘録:ThinkPad X1 yoga のブートロゴ画像を変更した。

つぶやき

f:id:rfactory:20161021203538g:plain

※ 今回の記事は個人的な備忘録のようなものです。受注ロボとは無関係です。ご了承下さい。

 

最近ノートPCをX1 yogaに交代させたのですが(個人的に初ThinkPadです。けっこう良い)、
起動時(BIOSの)Lenovoロゴの画像を変更できないものかと作業した記録です(上のThinkPadのロゴ画像に変更しました。そのままファイル名だけ変更して利用可)。
この作業を行う上で、ThinkPadで同様の作業を行った他の方のページが結構たくさん見つかり、とても参考になったと共に、X1 yogaだと少し違う部分もありましたので備忘録として残しておくことにしました。

 

・必要な作業時間:10分程度
・用意する画像の仕様:640*480(以下)、bmp/jpg/gif  (↑サンプル画像、私が使っているGIF画像)
 ※実際にはJPGかGIFになると思います。画像ならJPG、シンプルなロゴとかならGIFが良いでしょうね。
・要ダウンロード:BIOS アップデートユーティリティ

http://support.lenovo.com/jp/ja/products/laptops-and-netbooks/thinkpad-x-series-laptops/thinkpad-x1-yoga-type-20fq-20fr/downloads/ds111756

 

 

●基本的に下記ページと同じ手順なので(参照下さい)詳細は省きますが、X1 yogaでは異なるポイントもあります。

ThinkPad X1 Carbonのブートロゴを変更する方法。Custom BIOS Logo – たれ工房

(↑とても参考になりました。ありがとうございます!)

 

X1 yogaで注意するポイント、↑上記リンクとは異なるポイント

BIOS アップデートユーティリティについて:

、、(解凍後の)実行ファイルは WINUPTP64.EXE 。(64bit用、おそらく)Win10だとほぼ64bitなので、WINUPTP.EXEではなくWINUPTP64.EXE)を使用。参考までに、私の環境では、(解凍後の)パスは下記のようになっていました。

"C:\DRIVERS\FLASH\n1fuj12w\WINUPTP64.EXE"

 

②画像ファイル名:「保存時の名前はLOGO.xxx」(例:LOGO.jpg LOGO.gif など)

上記参考ページやその他のページでは「保存時の名前はLOGO1.xxx」(例:LOGO1.jpg LOGO1.gif など)と説明がありますが、X1 yogaの場合は、LOGO.xxx として下さい。

× LOGO1.xxx (数字あり→不要です)

 LOGO.xxx  (数字無し→OK)

(数字部分の"1"が必要無しです。)

このファイルを上記①の実行ファイルWINUPTP64.EXEと同じファルダに置きます。

 

③(画像の変更作業が2回目以降の場合に必要)BIOS設定の変更。

上記 WINUPTP64.EXE を実行する場合、2回目以降については、X1本体のBIOS設定(※)を事前に変更する必要があります。

 BIOS → Security → UEFI BIOS Update Option 

   → Secure RollBack Prevention :[Disabled] に設定

理由:更新するBIOSが、現在のBIOSより 古い or 同じ 場合、(既定では)安全のため自動的に更新を阻止(prevention 中止)される設定なのです。→ですので、2回以上BIOSの更新作業を行う場合、この更新作業を阻止されないために、BIOSの設定を[Disabled]に変更しておく必要があります。(ややこしいですが、prevention阻止 されることをDisabled不可 にするのです。=つまり、「阻止されない」で作業できる)

※通常時はこのオプションは(既定の)[Enabled]の方が良いかと思いますので、画像変更の目的が達成されたら設定を戻しておきましょう。 

 

■※X1 yogaでBIOSモードに入る方法

 :PC起動→ロゴマークの間に EnterキーF1 キー

 

以上です。 

 

 

●その他、(本題とは別に)===================

Ctrlキーが左下(隅)に位置していないと使いづらい、という私やアナタには
BIOS Fnキー と Ctrlキー の入れ替えが可能です。

 BIOS → Config → Keyboard/Mouse → Fn and Ctrl Key swap: [Enabled]に設定
フリーソフトでもこういった機能のものがありますが、こちらの方が気持ち良いですね、ありがたい。

(個人的にはFnキーって滅多に使わないので、Ctrlキーが隅っこにある方が使いやすいと思うんですけどね、、世間は違うのかな?)